薔薇 グリーンアイス

  • 2018.12.08 Saturday
  • 07:28

ぶち猫さんがバラの鉢植えを貰ってきました。

 

 

グリーンアイスというミニバラです。

 

ミニバラってあまりいい印象がないんですよね〜(>_<)

可愛いからつい買ってくることもあったんですが、大抵すぐに枯れちゃう orz

年を越したことも、1か月以上もったこともない(;^ω^)

こんな私が育てられるだろうか・・・・。と不安でネット検索してみたら、意外とこの子、丈夫っぽい。

戸外で冬越しできるし、花色も白からピンクになり、最後はグリーンになるという変わり花。

香りはないんだけど、ちょっと頑張ってみようかと思えるバラでした♪

 

植えた覚えがない・・・

  • 2018.11.28 Wednesday
  • 07:40

 

我が家の庭の一角。

特別に手をいれていない場所が気づいたらこうなってた・・・

 

 

確か、白い花の苗は植えた気がするんだけど、ピンクのポンポン系の花 (葉っぱが大きいヤツね) は知らない。

雑草が綺麗だったからそのままにしたのかな?

いいカンジのグランドカバーになってます♪

 

犬の避妊について真面目に考えてみた

  • 2018.09.24 Monday
  • 09:09

最近、犬の避妊についてちょっと考えることがありました。
私個人の意見としては、『産ませないなら避妊・去勢はしてあげたほうがいい』 と思っています。

特に雌犬の場合は避妊すると長寿になりやすいということが統計として出ていて、糖尿病を持つ雌犬には避妊が効果的であるという獣医学の見解もあるそうです。

 

手術には当然、デメリットもあるわけで、する・しないは飼い主が決めるべきことっていうのも理解しているのですが・・・・。


なんだろ。手術したくない人の意見でどうにも納得できないことがあるんですよね。

それは、

『避妊手術は自然じゃないから』


――――――――――えっと・・・・そもそも純血種は自然ではありません。


ブリーダーが種の特性を後世に残そうと、相手を選び、遺伝的要素を加味して繁殖させているワンちゃんたちです。

昔から人の役に立つようにと改良を加えられたり、愛玩犬としての価値を高める改良をされてきた歴史があります。

そして今、ミックス犬という新たな価値が出てきています。

ミックス犬も、考えられた交配ならば自然ではなく、自由恋愛(笑)で結ばれた雑種とは違います。

だから、自然が一番って思う人が何で純血種飼ってるんだろう? て思うのです。

ワンちゃんが自然のままに生きて自由に動き回っていたら、きっと雑種だらけになると思う(笑)(笑)

 

あと、

『健康な体にメスを入れるのは可哀想』

 

――――――――――うん。これはすごくよくわかる。

私だって可哀想だと思う。でも・・・・。


これから先、死ぬまで『発情期』という精神的苦痛が年に1回〜2回は来ます。
(コレ、思春期の子に「異性のことより勉強でしょ!」 と叱るレベルではまったくない。食事よりも飼い主よりも、ひょっとしたら自分の命よりも異性ってレベルです)
そしてその準備期間というか、前後にも精神的な不安定期があって、疑似妊娠という症状を起こしたりもする。

それは1週間ほど不自由な生活をした後は自由になる手術と比べてどうなんだろう? と思うのです。

 

じゃあ、産ませればいいのかっていう問題でもないんですよね。これが。

 

人のために姿を変えられたワンちゃんたちですから、人の手で管理してあげなければなりません。

その最たるものが、「戌帯」の名がついた時代と違って今は「安産ではない」ということです。

小型犬などは、子供全滅ならまだしも、母子ともに全滅・・・ということもあります。

ブリーダーが管理している出産ですら、年間に数頭は亡くなってます。(早産や死産、もしくは障害などで)


獣医さん曰く、『安易な素人出産は危険と認識していますし、もし生ませるならば予定日帝王切開も視野にいれることも考えます。』とのこと。

ついうっかり妊娠されちゃった・・・では済まない事態もあるわけです。

 

そして近年問題なのが、 『子育てしない親犬がいる』 ということ。

帝王切開のキズが痛いのか、生んだ自覚がないのか、そもそも子育てという観念がないのか分かりませんが、子犬が近寄ると威嚇したり、乳を飲まそうとしない親犬もいるのです。

そうなると3時間おきのミルク授乳を飼い主さんが行わなければならず、その負担は大です。

 

一度に5.6匹生む小型犬もいます。

孫を望む感覚で愛犬に子犬を産ませたいと考える飼い主さんがいますが、産まれたその子の行く末はどこでしょう?

全員の新しい我が家を探してあげられるのでしょうか?

 

ネットで、子猫や子犬が保健所に持ち込まれたという話を聞くと、色々と考えさせられます。

犬猫さんたちの幸せは飼い主さん次第ですから。

 

 

赤いオクラ

  • 2018.08.23 Thursday
  • 13:53

先日、珍しいオクラの苗を買いました。

 

 

酷暑の中、手をかけなくてもしっかりと根付いてくれて。

蕾もたくさん♪

 

 

 

湯がくと普通のオクラになるそうです(笑)

我が家では、細切れにしてレンジでチンしてポン酢で食べます。

一晩冷蔵庫に置いておくと、びっくりするくらいネバネバ〜♪

これで元気になるかな(≧▽≦)♪

 

夏のバラ

  • 2018.08.16 Thursday
  • 08:05

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

我が家の庭では、軟弱ものは生きていけません。

少しくらい水がなくても、土が痩せてても、日当たりが悪くても、頑張って花を咲かせないと引っこ抜かれます(笑)

 

なので、生き残ってるのは強いこたちのみ。

酷暑の中、精いっぱいの花を咲かせてくれたのが、

 

 

バラの薫乃。

まさかこの時期にまでこれほど蕾をつけてくれるとは(≧▽≦)

小さいけれど、ちゃんと香りもあって、花付きもよく、花もちも良し。

しっかり堪能して、摘心。

秋に良い花を咲かせるために、今後は摘蕾をしていかねば。。。

この子はホントに良い買い物だったわぁ〜♪

 

ダイエットは効率重視でしょ

  • 2018.08.14 Tuesday
  • 07:45

体の衰えを感じはじめ、ジムに通いだして1年半。

筋力は付いてきたように思えても、足底腱膜炎になったり、背骨がヘルニアになったり、股関節に水が溜まったりと満身創痍。

これもそれも、きっと体重のせい(笑)

 

何か効率よく健康的に痩せられて、しかも苦にならずに続けられる都合のいいものはないかと思案していたら、犬友さんのブログでいいものを発見!

 

 

ダイソーにありました!

我が家は雨の日以外、毎日お散歩するので、その時に付けて歩くといいかも〜〜(≧▽≦)

 

足はお見せできないので(爆)手に付けてみた。

 

 

これを両足に付けて歩けば適度な負荷がかかるはず!

いつもの散歩で付けるだけだから簡単で無精の私でも大丈夫!

 

重さ的にそれほどでもないんじゃない? とか思ったけど、実際に歩いてみると案外ジミーに足にきます(笑)

筋肉がメキメキ付くってことはないだろうけど、少しでも効率的にカロリー消費になると嬉しい♪

 

小さな庭

  • 2018.07.27 Friday
  • 08:42

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

箱庭とかフェアリーガーデンとかドールハウスとか大好き♪

でも不器用だから自分で作るのはムリ!

そんな私でも出来た。

庭の一角に小さな小さな癒しの空間。

 

 

 

 

 

 

全部、100均!

手前の草花を大きく撮ると、それっぽく見えるでしょ?(笑)

 

 

災害レベルの酷暑

  • 2018.07.26 Thursday
  • 07:51

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

本家の畑を借りて栽培していたトマトやピーマン。

最近の酷暑ですっかり成長が止まり・・・・。

 

トマトは赤くなる前に腐る。

ピーマンは皮が焼ける。

 

テンションだだ下がり・・・(T_T)

体調もあまりよくなくて。

――――――――――なので。

我が家の庭の一角を家庭菜園ように耕し、こんなものを植えてみました。

 

 

体によさそうでしょ(≧▽≦)

しかも赤って・・・初めて聞いたわ。

 

 

暑さで葉が黄色になって落ちたものもあるけど、今のところまだ生きてる。

マルチングしてあげたら元気になるかなぁ・・・。

ちゃんと実がついてくれるといいのですが。。。。

夏に負けない!

  • 2018.07.22 Sunday
  • 08:30

 

熱い最中だというのに・・・

 

 

庭の置物に止まってた。

頑張って生き延びるんだよ〜(≧▽≦)

 

たぶんこれはマズイ・・・

  • 2018.07.19 Thursday
  • 07:40

JUGEMテーマ:ガーデニング

 

 

バラを育て始めて早二年。

初めて挿し木に挑戦することにしました。

 

我が家で一番元気!

蕾もたくさん付けてくれる『薫乃』

その二年目の茎で挑戦。

 

時期が分からなかったのと、どんな枝がいいのかイマイチ分からなかったので適当に切り取ったのですが・・・。

赤玉土に挿して日陰で管理。

しばらくすると葉っぱが出てきてしまい、三本中二本は枯れました。

 

残った一本は元気だったので、一か月すぎたころにキンモクセイの下の半日陰に移動。

すると・・・・

 

 

何と!

蕾がついちゃった!

 

これはこれでマズイよね?

体力奪われちゃうよね。

ってことで摘心したのですが・・・・勿体なかったーーーーッ(笑)

 

根っこがちゃんと出てきたって証かなぁ?

でもちゃんとした土に植え替えるのは秋から冬にかけてがいいって聞くので、まだこのままです。

花を咲かせたら栄養分がいることになるから、咲かせないが正解だと思うんだけど、こういう状況になるってことは、やっぱり液肥とか少しは与えたほうが良いのかなぁ?

 

せっかく残った一本だし、枯らしたくない。

下手なことやれない。でも何かしたい。ジレンマ。

この酷暑で葉っぱもちょっと元気なくなってきてるし・・・・。

今年は失敗しても仕方ないのかもしれない・・・と思いつつ毎日愛でてます(笑)

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM