いいドラマたくさんあったなぁ

  • 2018.09.16 Sunday
  • 08:20

JUGEMテーマ:日本のTVドラマ

 

 

この夏は見ごたえのあるドラマが多くて毎日が楽しみでした(≧▽≦)

 

『グッド ドクター』 は、主演の山崎くんが甥っ子にちょっと似てるってこともあって、「手助けしてあげたいッ」「大丈夫って言ってあげたいッ」「ガンバレって伝えたいッ」 という気持ちでいっぱいになってました(^O^)

母性本能刺激されまくりですね(笑)

現実には障害を持つ人が医者になることは難しく、ドラマのような展開になることはほとんどないでしょうが、特出した能力を持つ人が偏見なく社会で活躍できるサポートがあれば素敵だなと思います。

 

『サバイバル・ウエディング』では、生き方のコツというか、考え方の多様性を教えてもらった気がするし、『義母と娘のブルース』は、不器用ながらも互いを思いやって、家族にも仕事にも真摯に向き合うという姿勢を教えられました。

『ハゲタカ』は厳しい現実を突きつけられた気がしますが、ひょっとしたらこれからの社会には必要なテコ入れなんじゃないかと思いました。

 

『透明なゆりかご』は命を取り上げた重いテーマにもかかわらず、優しくて暖かな思いやりが悲しい現実にそっと静かに寄り添っているところが素敵でした。

 

『健康で文化的な最低限度の生活』は、生活保護費をどのように活用して社会復帰するか、社会の一員として生きていくかという問題を直視したということで評価は高いと思いました。

一時、生活保護費を不正に取得している人とか話題になりましたよね。

生活保護を受けているというだけで偏見を持たれることがある世の中で、不正受給なんてことがマスコミに取り上げられて、まるで保護を受けている人がすべて堕落した社会不適合者だという風潮で見られるようになったんじゃないかと思います。

このドラマで、生活保護のあるべき姿と問題点というものを描いてくれたことは、その風潮の流れに待ったをかけるよいキッカケになったのではないでしょうか。

最終回に向けて、保護費を不正使用している母親に役所がどのような対処をしていくのか、どこまで踏み込むのかは見所です。

 

いつも思うことですが、子供を顧みずお金をあるだけ自分で使う親ってどういう思考回路を持っているんでしょう?

生活保護を受けているからと言って、コソコソと影に隠れて生活しろなんて言いません。

パチンコに行ってもいいし、お酒を買ってもいいし、旅行に行ってもいいけど、でもそれは保護費とは別のお金でやるべきだと思うんですね。

ましてや子供が食べることに窮しているのに気にしないっていう親の気持ちが理解できない。

働くことが出来ない子供に食費を与えなかったらどうなるか、考えるまでもなく分かることでしょうに・・・・。

それとも、ちょっとくらい食事しなくても生きていけると思ってるのでしょうか?

 

ため込んでたものを吐き出してしまいましたが(笑) 秋のドラマも期待してます(*^^*)

 

天皇の料理番

  • 2015.08.27 Thursday
  • 08:42
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


明治の半ば、秋山篤蔵はどんな仕事も長続きせず、家族から呆れられていた。
髪を切り、僧にまでなったのに出戻ってきた篤蔵に、父親は堪忍袋の緒を切らす。
ところがそんな彼に縁談が舞い込んできた。一抹の不安と相手方に対する申し訳なさを感じながらも養子を承諾。
ところが、跡取りとして修業の身にもかかわらず、出会った一枚のカツレツに虜になり、料理人を目指して家出。
兄の助けを借りながら、西洋料理の道に進み、パリの一流ホテルで修業し、ついには天皇の料理番として日本の料理界の頂点に立つまでになった。そんな男の物語。


篤蔵という男の破天荒さと純真さと一途さに、周囲の人間の暖かさと人情が絡み、また夫婦としての絆や、料理人としての矜持がしっかりと描かれた素晴らしい作品だと思いました。

篤蔵役の佐藤くんの包丁さばきも見事なもので、見惚れてしまいます。
脇役もベテランが固めてて安心だし、展開の速さと降りかかる困難に対処していくさまは見ていて痛快。
久しぶりに次回が待ち遠しい作品でした。

兄が亡くなり悲しみに沈んでいる篤蔵に、『あなたより長生きしますから』といった妻の言葉。
忙しい最中、心臓を病んだ妻を献身的に介護する姿に胸が熱くなりました。

デート 〜恋とはどんなものかしら〜

  • 2015.04.17 Friday
  • 07:48
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


東大大学院を卒業し、国家公務員として働く藪下依子は、物事や人の心まで数値化してしまう超堅物理系女子。
自ら決めた計画通りに生活し、努力を惜しまない人生を歩いていた。
そんな依子も30歳。父親を安心させるため、また国の少子化対策に貢献するために結婚を決意。
数々の見合いにチャレンジしては失敗していた。
一方、ニート生活を「高等遊民」だと屁理屈をこねる谷口巧は、母親との二人暮らしに不安を覚え始めていた。
自分の好きな文学や芸術にだけ触れられる自分の生き方に誇りを持っているが、生活全てを母親に寄生しているため、体の具合が悪い母親に万一のことがあれば路頭に迷ってしまう。
そこで、稼ぎのある女性との結婚を考えるが、ニートゆえに出会いの場に赴くことさえ困難。
そんな彼を見かねた友人とその妹が無理やり結婚相談所に登録させ、女性とのデートをコーディネイトすることに。
職業を偽り出会った相手はちょっと普通ではない依子。
二人のデートははたして上手くいくのか・・・。



ニート改め『高等遊民』・・・素晴らしい名称です(笑)
我が家ではプチ流行り。

この作品は依子と巧の言葉のやり取りが絶妙で微妙なところが面白い。
世間からほんの少しズレてる二人。でも心はとってもピュア。
二人にとっては、理解しがたい生きずらい世の中に映るかもしれないけれど、それぞれの速度でゆっくりと生きて行けばいいんだよって言ってもらってるような気がしてほっこりします。

流星ワゴン

  • 2015.04.15 Wednesday
  • 13:37
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


破天荒で頑固者の父親に翻弄されてきた一雄は、決して父親のようにはなるまいと、真面目に働き自分の家庭を何より大切にしていた。
ところが、独り息子が受験に失敗して家庭内暴力に走り、妻からは離婚届が送られる段になって、実は家庭が破たんしていたことに気づかされてしまう。
生きる希望を失った一雄。
このまま死んでもいいと自暴自棄になっていた彼の前に現れたのは一台のワゴン。
乗っていたのは交通事故で亡くなった父親と息子の二人。
彼らはワゴンで過去に戻り、一雄にやり直しの旅をさせるという。
がむしゃらに家族と向き合う一雄。彼の隣にはいつの間にか若かりしころの父親まで同乗していて・・・。



愛情の伝え方がマズイ父親と、そんな父親から頑固さを受け継いだゆえに融通の聞かない息子とのすれ違い。
でもやはり血の繋がりは水より濃いということが描かれている作品。

ちゅーさんのハチャメチャな性格。そりゃグレたくもなるわ。家出したくもなるわと同情しますが、彼の一言には裏を読めば心がこもってるところが素敵なんですよね。
あくまでも、裏が読めればってとこがミソですが(笑)
心に余裕がないとなかなか難しいですね。
きっとリアルならすれ違いのまま別れてしまいそうな親子です。

旅を通して自分を顧みるようになる一雄。
性格ってそんなに簡単には変えられませんが、それでも自分の問題点や間違いをちゃんと見つめられる人っていうのは素晴らしい。
うざったいくらいに熱いドラマですが、全身全霊で自分の子どもと対決している親というのも近頃みないかなーと思う作品でした。

問題のあるレストラン

  • 2015.04.10 Friday
  • 07:59
JUGEMテーマ:日本のTVドラマ


男尊女卑も犯罪レベルという上司に嫌気がさし、親しい知り合いをセクハラで退職に追いやったことがきっかけとなって一念発起。
問題の上司が経営するレストランの近くに、同じレストランを開業することを決意。
従業員は今まで男の好き勝手な横暴に耐えてきた女性とおかま。
絶対あいつらを見返してやる!と熱い心を胸に日々接客に勤しむ。
彼女たちの暖かいおもてなしの心が徐々に客の心を掴み、ギリギリの経営ではあったが順調に店は回り始めた。
ところが、彼女たちの存在を快く思わない問題のレストランから次々と横槍が入り・・・・。



かたや高級な食材と静かで優雅なレストラン。
かたや屋根のない、けれど心がこもった接客と暖かいスープが自慢のレストラン。
どちらがお好みですか? と聞かれたら、私は後者を選びたい。

騒がしいかもしれないし、寒かったり暑かったりするし、雨の日は利用出来ないし、場所も不便だけれど、作ってる人の顔が見える。この人たちの作ったものなら安心して食べられるっていうものを口にしたいと思う。

食べることは生きることだから。

作品のクオリティ的にはあまり高くはないかもしれませんが、私は彼女たちがぼそっと呟く心の声とか大きな独りごとの内容に笑えました。
あっさり、あっけらかんと、でも複雑な気持ちを抱えながらちゃんと生きてる。そんな彼女たちが逞しくて眩しい作品です。

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

劇団『黒・猫屋敷』

旧ブログはコチラ
オリジナルサイト『月樹の扉』はコチラ
詳しいプロフィールはコチラ

名前・黒猫
役柄・母さん
白髪と体調が悩みのタネ。


名前・ぶち猫
役柄・父さん
休息をとりたいお年頃。


名前・未来(ミク)
役柄・長女
気位の高いツンデレ姫。


名前・胡桃(クルミ)
役柄・次女
勝気でやんちゃな姫。

モニモニファミリー

わんこブログ

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM